前へ
次へ

スキンケアでは水分の取り方にも注意

顔を洗った後にタオルで水分をふき取るでしょうし、お風呂上りなどでもバスタオルなどを使ってふき取るでしょう。その時にどんな方法を取るかですが、一般的には手にタオルを持って肌の上を滑らせる方法を取るでしょう。これによって多くの部分についている水分を一気にふき取ることができます。顔であればおでこから顎に向かってタオルを上下させれば水分はきれいに取れます。スキンケアにおいて水分が肌に付いたままだと水分の蒸発につながるので、しっかりふき取る必要があります。しかし水分のふき取り方を誤ると良いスキンケアにならないので注意も必要です。柔らかいタオルなどだと刺激が少ないように感じますが、それでも肌の上を滑らせるとそれなりに刺激を与えています。肌が弱っている状態だとそれでも傷がつくときもあります。肌についた水分を取るときはタオルを肌の上で滑らせるのではなく、肌の上において少しずつ水分を取るようにします。一度に取れる部分は少なくなるものの、肌への刺激を最小限にすることができます。

Page Top